第9回山口県産業技術振興奨励賞 山口県産業技術センター理事長賞を受賞

山口県産業技術振興奨励賞賞状

<「山口県産業技術振興奨励賞」とは(山口県HPより抜粋)>
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a16900/gijutsu/hyousyo-pref.html

"優れた技術を基にした事業活動により県内産業振興への貢献が認められる中小企業等を表彰することにより、県内産業振興に資する産学公連携等による優れた技術の研究開発と新事業展開の取組を推進するとともに、併せて、ものづくり技術を尊重する社会的機運を醸成することを目的とするものです。"

弊社は「全自動品質管理機能付きタイヤ脱着システム及びリユースタイヤ品質評価技術の開発」において技術の優位性を認められ、第9回山口県産業技術振興奨励賞において、山口県産業技術センター理事長賞を受賞し、平成29年10月20日山口県庁正庁会議室にて開催されました表彰式にて表彰されました。

山口県産業技術振興奨励賞集合写真

<受賞理由>

 従来、リユースタイヤとして販売する為に必要な工程であるタイヤとホイールの分離作業は、道具を使って手作業で行っていたが、熟練技能や力作業が必要であった。また、リユースタイヤの品質評価については、評価者の目視による品質評価が行われていたため、客観的な基準設定が困難であった。
 そこで当社は、関係企業等の協力を得ながら、ロボットが自動で行うタイヤ・ホイール脱着システムを開発した。また、分離作業の工程で、光学的装置(センサ、カメラ)によりタイヤ溝内部のひび割れと残溝を測定し、リユースタイヤの品質評価技術を開発した。
 タイヤの残溝は変位センサの跳ね返りによって距離を測定する。また、タイヤ溝内部のひび割れは、カメラで撮影したタイヤ溝内部を画像処理し、取得した画像内におけるひび割れ面積の割合によって判断する。リユースタイヤの客観的測定データをもとに設定したランク付けも行う。 この開発により、タイヤとホイールを1日300本脱離することが可能(※品質評価を除いたタイヤ脱離のみ。1日8時間稼動とする)となり、作業の効率の向上や作業員の労務環境を改善した。また、定量的な品質評価が可能となった。
 自社で実証も兼ねて使用しており、効果的に機能している。ロボット導入前の平成25年は、自社で取り扱う廃タイヤ発生量のうち、リユース率が約20%であったのに対し、平成29年は約36%になると見込んでいる。
 なお、当該ロボットは他社への販売も予定している。

<今回の受賞に関連する製品>
ロボチェンジャー®(通称:ロボック®)
タイヤ販売サイト
TAPRAS

ロボチェンジャー

弊社は、自動車リサイクル業のみだけでなくこの一連の業務を統括できるシステムの開発・販売にも力を入れており、この様な名誉ある賞を頂き大変嬉しく、また光栄に思います。
今後も、今まで以上に視野を広げて自動車リサイクル業の中心となれるよう、更なる発展を目指していきたいと思います。

査定0の車買取ます中古車買取
 事業所案内
本社
山口県岩国市周東町下久原1811番地の1
TEL(0827)84-0188
FAX(0827)84-1889
山口工場
山口県美祢市美東町真名756番地の97
TEL(08396)5-0482
FAX(08396)5-4820
岩国工場
山口県岩国市周東町西長野55番地の3
TEL(0827)84-3028
FAX(0827)84-3128
seaparts

TOPに戻る

Copyright(c) 2016 Seaparts.Co., Ltd All Rights Reserved.